アクセス解析
レンタル掲示板
200字詰:2016年5月25日 - 200字詰
FC2ブログ

  ~ ふゆかい、そうかい ~

200字詰:2016年5月25日

0
武川村の眞原の桜並木を見に行ったとき、出店で野菜を売っていたおじさんが、
「これはいいゴボウだよ~!ウンコがよく出るよ~!!」
と誇らしげに言っていた。

「猫って背負うもんじゃなくて、被るもんなんですね」
と言って、整骨院の先生を笑わせてしまった。肩の荷ではなく、肩の猫を下ろしたい今日この頃。

時々仕事で行く家具屋のM氏だが、ボーダー柄の服を着ていることが多い。いつも何かしらが横ジマなのだ。今朝、不意に横から「おはようございます」と声を掛けられて振り向くとM氏だったが、何かが違う。え?え?え?…と後ろ姿を見送って20メートル。今日はボーダーじゃないんだ!(笑)

弟に生わさび丼の話を振った。
「ツ~ンとしてみたくなったら行ってみようかな」
という返事が来た。おもしれぇ…。

白ワインに興を引かれたのは、だいぶ昔に見たロートレックの映画で、もう死にそうになった彼が、何か欲しいものは?と問う母親に、
「白ワインがあれば…(他には何も要らないよ)」
と微笑みながら言ったから。
一時期メルローに凝ったのは、アメリカのTVドラマ「クローザー」で、ちょっとイラついた主人公の彼女が、
「この店でいちばん大きなグラスで、メルローを」
と半笑いで言ったから。

最初、ゴキブリかと思ったじゅうたんのシミがもぞもぞ動いて巨大化して毛が生えてタヌキになった。でもタヌキの具体像が浮かばず、見た目はフェレット。しかし認識は絶対タヌキ。突然家に現れたそいつがピーたちに襲いかかる。とっさにふん捕まえて噛まれそうになりながらも縊り殺した…ところで起きる。すげー怖い夢。何とも不吉な気がして、忘れてもういちど寝ようと思ったのに…やっつけたはずが復活!させてなるかと再び捕え格闘してねじ伏せたあたりで目が覚めた。

M氏「なんか○○商店、楽器多くないですか?」
30「そうなんですよ、先週からやたら楽器が多いんですよ」
M氏「どうしたんでしょうね?」
30「新“学期”だからじゃないですか?」
M氏「???」
…冗談がすぐに通じないところがカワイイ、M氏である。(笑)

せっかくのフリスクがくしゃみで飛んで行った。弧を描く白い粒。

よく食べるT氏が今日は「ギョウザキッチン」のお弁当を食べていた。
30「まだ食べたことないんですけど、おいしいんですか?」
T氏「んー、お店の名前のワリには…でも焼きたてじゃないからネ、何とも言えないけど」
的確にして公正。嘘のない表現は信用に値する。
T氏はいつも、何でも、すごく優しい言い方をする。「とても」ではなく、「すごく」。一拍置かれるとウソ臭く聞こえるけれど、半拍かそれ以下しか置かない。だからとても自然。「すごく」ではなく、「とても」。

「芸能人」
芸しか能が無い人、と、彼女が言った。そうなのかっ。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.