アクセス解析
レンタル掲示板
200字詰:10月29日 - 200字詰
FC2ブログ

  ~ ふゆかい、そうかい ~

200字詰:10月29日

0
南アルプスの麓の田んぼにいた大きな沢ガニは、横浜のまずい空気と水で生きている私たちより幸せだと思った。

スパゲッティの100グラム結束。あれが登場した時から、ダイエットで80グラムにしたいとかいうときは無駄だし、大体うちにはキッチンスケールがすぐ出せるところにあって日常的に使っているから意味無いよな…と常々思っていた。ある日職場で、
B氏「アレ意味無いっすよ。俺がひとりで食べるときって“ひとつかみ”とか…」
4Lサイズ以上の諸氏にとっても意味のないことだとわかって拍手喝采な気分だ。

「やぶさかでない」
…「別にヤじゃないけど!」という、積極的なニュアンスの文脈で使ってみた。
「え、やぶさかって、そうなんですか?」
と平成人に言われて少々怯んだけれど訂正しなかった。が、帰宅してソッコー、ネットで調べた。すると「喜んで〇〇します」などという意味で使うそうで、間違っていなかった。ホッとしながら、なぜ普通に自信を持って使えないのかと、情けなく思った。

H女子「あら、巻尺どこやったかしら」
「マキジャクぅ!?」
一同騒然。(笑)
「メジャー」がメジャーな言い方。職人系では「コンベ」。

「ボンタンアメ」
わりとみんな知っていた。でも、大人のみなさまが「オブラートね!」とウケていた。やっぱりそういうもの。

コピーをとりに行ったら用紙切れだった。使いきった奴、セットしておけよ!!(怒・トイレットペーパー然り)

電池は、切れるまで使う。(物によるけど)

平成生まれの子が「オブラート」を知らなかった。みんなでゼリーのお菓子を食べているときに発覚。道理で、若いコたちは口のきき方を知らないわけだ。(そりゃ、人による!) 

「ジャミラ」は世代を超えて通じる!(特に男の子)

「トレーナーを裏返しで着るの流行ったの知ってる?」
とK氏が若者たちに聞いていた。自分はやらなかったけれど知っている。そして「めぞん一刻」とか思い出した。ついでに「エスパドリーユも流行ったよね!」と言ってみたけれど、ひと回り以上年齢の若いK氏はご存じなかった。ヒー!!(泣)
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.